会社沿革

明治6年大倉喜八郎によって創られた現在の大成建設株式会社は、昭和27年に現場の要望に応じ機械の設計製作を行なうため機械工作班を設け、翌28年には隧道工事の近代化・機械化を中心に研究開発に着手するため建設機械研究所へと発展させ、第四黒部発電所の受注を機に、昭和31年成和機械株式会社を設立しました。
その後、基礎工事部の新設にともない、昭和42年に社名を成和機工株式会社に改めました。
以来、大成建設株式会社直系のグループ会社として、蓄積された技術と経験を生かすと共に、海外へ技術者を派遣して新技術の導入をはかり、建設機械をはじめ各種の機械製作と、最新の各種地下基礎工法を開発して前進を続けて来ましたが、平成17年同じグループ会社のシビルリニューアル株式会社と合併し、土木リニューアル工事を新たな事業領域に加え、成和リニューアルワークス株式会社と改称し今日に至っております。

1956(昭和31)年 大成建設株式会社の建設機械研究所が分離独立、成和機械株式会社を設立。資本金3,500万円。
1960(昭和35)年 資本金7,000万円に増資、大宮工場開設
1966(昭和41)年 東京ボーリング株式会社を吸収、基礎工事部門を新設、資本金1億円に増資
1967(昭和42)年 社名を成和機工株式会社と改称
1982(昭和57)年 札幌出張所・名古屋営業所開設
1990(平成2)年 資本金3億円に増資 札幌出張所を札幌営業所と改称
1992(平成4)年 白岡機材センター開設
1999(平成11)年 ISO9002(基礎)認証取得/ISO9001(機械)認証取得
2000(平成12)年 大阪・名古屋営業所を事業所へ昇格
2002(平成14)年 工事部門 ISO9002 → ISO9001 再認証取得
2005(平成17)年 大宮工場と白岡機材センターを統合、本社機械センター開設(埼玉県行田市)
シビルリニューアル株式会社と合併、社名を成和リニューアルワークス株式会社と改称
大阪事業所を関西事業所に改称
2010(平成22)年 関西事業所を西日本事業所と改称

Top