グラウンドアンカー工法

グラウンドアンカー工法

対象地盤により「アースアンカー」と「ロックアンカー」に区分でき、また、その使用期間により「仮設アンカー」と「永久アンカー」に細分される工法です。

グラウンドアンカー工法の概要

グラウンドアンカーの用途は、擁壁・地すべり抑止工・斜面の格子枠あるいは地中構造物の土圧を受ける構造物に利用される。

グラウンドアンカー工法 概念図

グラウンドアンカー工法 概念図

グラウンドアンカー工法 施工順序

1.削孔 2.アンカー体挿入 3.グラウト注入 4.緊張・定着

Top