掘削土再利用連続壁工法(CRM-W)

掘削土再利用連続壁工法(CRM-W)

ソイル壁の一種で、ソイル柱列壁や等厚ソイル壁工法と異なりRC地中連続壁の施工技術で、ソイル壁の特性や優位性を取り込み、且つ自ら掘削した掘削土を再利用し、産業廃棄物の低減を実現したエコな山留め工法です。

掘削土再利用連壁工法(CRM-W)の特徴

環境保全

  1. (1)自ら掘削した掘削土を、ソイルセメントの骨材として再資源化できる。
  2. (2)再資源化する事で運搬車両を低減しCo2を削減できる。

経済性

  1. (1)再資源化により掘削土処分費が低減できる。
  2. (2)基本1ガット1エレメントのため、プラントの省力化が図れる。
  3. (3)現場プラントのため、打設時間が任意に設定可能。
  4. (4)原位置混合攪拌工法と違い、地上プラントで製造するため、攪拌効率が良くセメント添加量が低減できる。
  5. (5)等厚のため、芯材ピッチが任意に設定可能で経済設計が可能。
掘削土の再利用フロー

掘削土の再利用フロー

品質

  1. (1) 地上混練のため、任意の強度で均一な製品が製造できる。
  2. (2) RC地中連続壁の施工技術で掘削するため、高い鉛直精度が確保できる。
  3. (3) 壁のジョイントは、ソイルセメントをカッティングするため、高い遮水性が確保できる。

特性

  1. (1) 各種RC地中連続壁掘削機を使用できる事で、あらゆる地盤に対応できる。
ソイルセメント製造プラント

ソイルセメント製造プラント

Top