透し掘り連壁工法(SATT)

透し掘り連壁工法(SATT)

別名「地中障害物回避地中連続壁構築システム」と言い、地中に埋設されているインフラ(下水道・ガス・電気・共同溝等)を移設しないで、地上より事前に山留壁を構築する工法です。

透し掘り連壁工法(SATT)の特徴

工法の特徴

  1. (1) 根伐り(内部掘削)施工時の安全性
    他工法と比べて、事前に埋設物直下に山留壁を構築するため、根伐り(内部掘削)時の土砂流出や、地下水流出の可能性が低く施工の安全性が高い。
  2. (2) 工期の短縮
    通常部の山留壁施工と同時に施工でき、地下埋設物の移設が不要となる。また、一次山留め後に一次根伐りを行い埋設物等の吊り防護や、路下山留壁工事が不要となり、工期短縮が望める。
  3. (3) コストの低減
    上記した工種を削減できるため、コストの低減が可能。
透し掘り連壁機

透し掘り連壁機

透し掘り連壁工法 イメージ図

透し掘り連壁工法 イメージ図

Top