高圧噴射攪拌工法

高圧噴射攪拌工法

高圧噴射撹拌工法には各種工法がありますが、基本的には地盤に小さな孔を開け、所定深度までモニターを建込み先端から横方向に超高圧・大流量セメントスラリーを噴射して周囲の土砂を切削しながら混合撹拌する事で高品質の地盤改良体を造成する工法です。

高圧噴射攪拌工法の特徴

超大径パイルの造成が可能
地盤に直径20cm程度の穴を開けるだけで、地中に最大直径5m程度の巨大なパイルを造成できます。
産業廃棄物の削減が可能
最小限度のセメントスラリー量で高効率の施工が実現できるため、スライム量を在来工法より大幅に削減できます。
高速度・高品質施工を実現
強力なジェット噴流を水平に噴射し、切削と充填を同時に行うことで、在来工法の十数倍の高速度で、高品質施工を実現しました。
優れた経済性
以上の特徴から大幅な工期の短縮と大幅なコストダウンが可能です。
軌道近接施工状況

軌道近接施工状況

夜間路上施工状況

夜間路上施工状況

河川内施工状況

河川内施工状況

空頭制限施工状況

空頭制限施工状況

Top