ハーモニカ(矩形推進)工事

ハーモニカ(矩形推進)工事

大断面を小断面に分割して掘削し、大空間を安全に構築する方法です。
交差点や“開かずの踏み切り”のアンダーパス、鉄道・道路・河川の下の道路・共同溝・埋設物や重要構造物の下の大断面構造物など、難しい場所でのトンネル構築に適しています。

ハーモニカ(矩形推進)

特徴

  1. (1)柔軟な計画が可能
    • ・中折れ装置等により、曲線施工が可能
    • ・マシンの小型化により、浅い土被りで施工が可能
    • ・推進ジャッキと元押ジャッキにより、100m以上の施工が可能
  2. (2)工費削減
    • ・マシンの小型化と鋼殻の薄肉化によって工費の削減が可能
  3. (3)安全な施工
    • ・密閉型の機械を使用するため、地表面の沈下に与える影響が低減
  4. (4)工事期間中の交通渋滞の緩和
    • ・部分的に施工したり、供用できるため、地上交通の渋滞緩和が可能

【施工手順】

  • STEP1

    STEP1

    基準トンネルを掘進します。

  • STEP2

    STEP2

    基準トンネルをガイドに隣接するトンネルを推進方式で掘削します。

  • STEP3

    STEP3

    掘進を完了します。

  • STEP4

    STEP4

    地下水位の高い所ではトンネル間に止水注入し、縦リブとプレートの一部を撤去します。

  • STEP5

    STEP5

    鉄筋を組立てます。

  • STEP6

    STEP6

    底版と壁を構築します。

  • STEP7

    STEP7

    天井を構築します。

  • STEP8

    STEP8

    内部のセグメントを撤去し、表面を仕上ます。

Top